ごあいさつ

『さっぽろ五郎連』は札幌市北区あいの里を拠点 に活動する「阿波おどり」連です。
『あいの里』は、120年前に徳島県からの入 植者によって拓かれました。
当時、原野だったこの荒地で徳島の名産「藍(あい)」の栽培を成功させた滝本五郎さんの名をお借りしています。
藍染の『藍(あい)』と『愛』をかけて名づけ られたここ『あいの里』は、札幌市郊外の新興住宅地として発展し続け、歴史は浅いなりにも現在ではこの地を生まれ故郷と呼ぶ子ども達、大人達が増えてきま した。
さっぽろ五郎連は、そんな故郷『あいの里』に 『思い出』『懐かしさ』を残したいと考えています。そのために、先人達の文化であり、どなたでも気軽に参加でき、日本文化であるお囃子が奏でるメロディーで踊る『阿波おどり』を地域の伝統芸能として伝え続けるべく活動しています。
「阿波おどり」は、盆踊りのひとつです。私たち 人間は、楽器を鳴らし、唄い、踊るという表現力を潜在的に持っています。阿波おどりを通じて楽しさや躍動感などの感動も伝えたいと思います。
 どなたにでも参加できます。 ご興味ある方は、まずは見学からでも大歓迎です。

「まずは自分が楽しむ」
「基礎はきっちり、応用は自由奔放」
「連の和、礼儀を重んじる」

これらを我が連の価値観に据え、活動しています。

是非、一緒に踊ってみませんか? ♪踊る阿呆に 見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損!損!

☆2013年活動のフォトスライドショーはこちら☆

連  名  さっぽろ五郎連
連  長  三 上 義 明
連 員 数  30名 (踊り手20名、鳴り物10名)
設  立  平成5年8月
活動拠点 札幌市北区あいの里

お問い合わせ・連絡先  
TEL 011-398-7395(副連長:藤本)
sapporo-gorouren@ae.auone-net.jp(事務局:秋村)

0 件のコメント:

コメントを投稿