どんな連?

◆いつからあるの?
平成5年8月、新興住宅街である札幌市北区あいの里に住まいを構えた人たちが、地元を盛り上げようと設立しました。以来、約20年間活動しています。

◆ どんな人たちがいるの?
下は7歳から上は70代までの幅広い年齢で、男性も女性もいます。 さっぽろ五郎連が出来たときからいる人、今年、五郎連に入ったばかりの人もいます。普段は、幼稚園や小学校、中学校に通っていたり、あいの里でお店をしていたり、会社に勤めていたり、先生だったり、、、と色んな人がいます。

◆どんな構成?
踊る「踊り手」と、音楽を演奏する「鳴り物」の2つに分かれます。 鳴り物は5~8人程度で、太鼓、笛、鉦(かね)、三味線を演奏します。 踊り手は、女踊りの女性7~8名、男踊りの男性10~12名です。

◆練習はどんな感じ?
基本的には、毎週1回、土曜日の18時30分~21時00分。 場所は、あいの里教育大駅の隣にある拓北あいの里地区センター2階、または、ときには駅前広場でPRを兼ねた練習をします。いろんな生活スタイルの人がいるので、各自が来られる日、来られる時間に参加します。 最初の体操からはじまり、鳴り物の演奏にのって大体10分間の踊りを数回繰り返します。最後は体操で終わります。

◆どんな場所、機会で 踊りを披露するの?
意外にも、披露する機会は年間を通じて多くあります。これまで参加しているものでは、初夏~夏~秋にかけて大小各種お祭り。あいの里のお祭り、札幌市中心部の四番街やすすきののお祭り、福祉施設のお祭り、町内の小さな夏祭り。岩見沢や仁木町へ足を運ぶイベントも。秋~冬にかけては、地域の文化祭や小学校行事、福祉施設行事などもあります。

◆ 五郎連の他にも連がある?
30以上の連、約400人が阿波踊りを踊っているといわれています。札幌をはじめ、仁木町、岩見沢、帯広、新ひだか町、倶知安町、風連町などにあります。札幌市内にも、10ほどの連があります。各連の人数は決して多くありませんが、行事毎に協力して参加し盛り上げます。

0 件のコメント:

コメントを投稿