どんな活動?詳しく体験談

文章でいろいろとご説明するのは、難しいのですが、 もう一歩のところで踏み込めない方、興味はあるけど…と思われている方へお伝えできればと思います。

阿波おどりを始めたきっかけ

僕は、決して身体を動かすことは得意ではなく、踊っても決して格好良くはありません。
普通のサラリーマンです。 ただ、とにかく音楽に乗って身体を動かす、リズムに乗る、歌うなんてことが好きなんです。
下手の横好きでヨサコイを10年ほどやっていましたが、やめてから10年近く経ったところで、 あいの里の「阿波おどり…さっぽろ五郎連」に出会いました。 お囃子に乗って踊る「阿波おどり」を見たとき、「こりゃあ、楽しいだろうな、いいなあ」と思いました。

踊りたくてウズウズするけど、でも、参加するその一歩に躊躇してしまう。 ぜったい楽しいはずとわかっているのに。 僕と同じように見ている側の立場だった現副連長は、そんな僕とは正反対に「やるったら、やる!」と、 いとも簡単に「さっぽろ五郎連」に参加しました。

僕もまずは練習に顔を出してみたわけです。
そもそも「大好き」なわけですから、練習に顔を出して、ためしにお祭りで踊ってみたら…、 ごく当然の結果なんだと思いますが、もう止められなくなりました。

阿波おどりの踊りやすさ、身近さ、老若男女、世界共通?

お祭りとか、お囃子とか、踊りとか、リズムとか…これはおそらく日本人にDNAとして刻まれているのではないでしょうか。 お祭りで踊っていると、みなさん、手拍子、足踏み、ニコニコしてくれます。ウズウズして、そして、飛び入りされる方も。
「手をあげて、足を運べば、阿波おどり」とは、良く言ったものです。 子供たちは、阿波おどりのリズムが鳴っていると面白がってついてきます。自然と、手と足を動かして。 また、外国人の方のいらっしゃる会場で踊ることもありますが、その場で一緒にすぐに踊ることができます。

わたしたち「さっぽろ五郎連」について

「さっぽろ五郎連」はどんな連なのか。
ヨサコイの上手なチームは、やはりビシバシと練習していますし、本場徳島の阿波おどり有名連もそりゃあ、練習に練習です。
「あそこまでビシバシ練習するんだったら、踊りたいけど、でもちょっとついていけない…」 と思われことでしょう。 「趣味でやりたいだけなんだけどな、、、」という人もいると思います。

さっぽろ五郎連には、趣味が高じて踊っている人、目立ちたい人、とにかく好きだという人…いろいろいます。 しかし、やはり人前で踊る機会があるからには、基本に忠実に、そして、出来る限りのパフォーマンスを提供しなければと考えています。
当然、自分たちがまず、楽しまなければいけません。
一方、連員には働いている人もいますし、老若男女います。踊ってばかりいられない人もいます。 ですから、体力的にも年齢的にも精神的にも日常生活においても、できる範囲で「ピシっ」と踊れる「阿波おどり」を踊りたいと思っています。

小学生から70代まで まさに老若男女 サラリーマンに自営、主婦に先生も

具体的にいろいろ紹介します。 まずは、メンバーはどんな感じか。
男性踊り子は、50~70代が数名います。それこそ「阿波踊り、踊りたい!」という一心で始めて今年3年目の50代、当連発足から20年踊っている60代、70代。そして、30代~40代も数名、特段、踊りが上手いわけではなく「好き」なのです。
女性踊り子は、30代~60代。ピシッと浴衣をきて美しい。女性の方は団結力が良く、男性よりも上手です。中国人の女の子もおり、踊りのリーダーです。
小3からはじめた女の子は、今はもう中1で踊っています。

メンバーの職業ですが、60代以上の人は、現役の方もいますが、他は定年退職された方で仕事を持っていたりいなかったり。 30代~50代は、女性も男性も現役働き人です。

鳴り物、太鼓に笛、募集中です

鳴り物は、ここ最近で一気に減ってしまいました。
そこで、踊り手から鳴り物に数名を移し、なんとかやっているところです。

練習は、程よいキツさ、いい汗かけます。
そんなわけで、練習は休みの日にしか設定できません。
基本的には、毎週土曜日の18時30分~21時00分まで。
最近は、平日にも開催しています。
ラジオ体操で身体を暖めてから練習開始です。
鳴り物の演奏付で5分~8分を一セットで踊ります。

まずは、ひたすら「足の運び」だけを練習します。部屋の端から端を4列×3くらいの隊列で行ったり来たり。 「足の運び」の次は、「手のふり」を加えて、阿波おどりのスタイルで、行ったり来たり。 そんな基礎練習を、前半で行います。 後半は、舞台踊りの構成で練習します。
20年来の長い年月活動していますが、舞台踊りについてはここ最近見直しをしました。 本場徳島のようにはいきませんが、しかし、そこを目指して練習しています。

まだ取り組み始めたばかりなので、練習しながら試行錯誤しています。 こんな練習で、最初の基礎練習は、腰を落として足を運ぶため結構きついかも知れませんが、良い有酸素運動のレベルかと思います。
当然、調子の悪い、きついと感じるときは休んでかまいません。 いい汗をかくことができると思います。

踊る機会は結構あります

下手なりにも、最近は、いろいろな皆さんから演舞のオファーをいただいています。
お祭りや福祉施設関連のイベントなどなど。

 毎年、全道阿波踊り大会というのもやっています。

文章でお伝えするのも、こんなところで限界です。 決して無理にお誘いすることはありませんが、百聞は一見にしかず、気になる方は是非、練習を見に来ていただければと思います。

また、イベントの演舞を見ていただければなおウズウズするかもしれません。 練習日時、イベント開催日時は、ホームページに掲載します。
もっと詳しく知りたい方は、 「仲間大募集」  「どんな連?」 のページも参照ください。
何かお聞きになりたい点がありましたら、メールやお電話で連絡いただければと思います。

☆2013年活動フォトスライドショーはこちら☆

◆連絡先
TEL 011-398-7395(副連長:藤本)
sapporo-gorouren@ae.auone-net.jp (事務局:秋村)

0 件のコメント:

コメントを投稿