2015年5月16日土曜日

今日は練習、明日は踊りを披露。拓北あいの里地区センターで阿波おどり。(趣味、適度な運動、ボランティア)

本日は、阿波おどり の練習日です。

札幌市内で活動している阿波おどり連は、4連あります。
そのうち、3連については「北海道阿波おどり振興協会」として協力しあっています。

札幌市内で阿波おどり連ができ、本格活動が始まってから30年くらいになります。
立ち上げ当初は、多くの方が参加されていたようですが、現在では、活動人数が減少しています。

YOSAKOIからみれば地味かもしれませんので、若い人の参加はなかなかなく、高齢化となっているのが実態です。

そんな中、我がさっぽろ五郎連は、比較的若返りとメンバー増加の道を辿っています。
管理人である私は現在41歳ですが、5年前の36歳のときに入会しました。
当時の主要年齢層は50代~70代でしたから、いわゆる「若手」です。
私の他に、2、3名の40代も同時に入会。五郎連としては大変な若返りだったようです。
そこから女性が続けて4名、ご夫婦に、鳴り物男性2名、この春から1名の女性が入会。
5年間で10名の入会、平均すると年に2名ではありますが、地味に増え続けています。

活動には、YOSAKOIのような魅力とはまた違った魅力があります。
もっと、身近な、民衆?に近い、と言う感じ。
福祉施設へのボランティア、町内夏祭りで気軽に踊る。
老若男女、自然に手拍子、足が動く、というあたりで、誰もが身近に感じることができる点は、YOSAKOIとは少しちがう魅力だと実感しています。

そんな魅力は、感性でピピッと来た人にしか伝わらず、
実際に、阿波おどりに踏み込んで始めてみないとなかなかわからないものなので、
なかなか、阿波おどり人口は増えません。
YOSAKOIのようにわかりやすいインパクトが無いのですね。

でも、楽しいんですけどねえ。
「お祭りで踊る」 
「みんなが手拍子してくれる」

■本日の練習について

上靴は不要です。(じゅうたん敷きの部屋です)

見学も大歓迎です。
踊ってみる、も大歓迎です。
鳴り物をしてみたい方も大歓迎です。

まずは、お話をするだけでもOKです。僕が対応します。
ぜひ。お待ちしております。

★場所:拓北あいの里地区センター2階
   JR学園都市線あいの里教育大駅のすぐ隣りです。
   (北海道札幌市北区あいの里1条6丁目1−1)

★時間:18:30~21:00

■明日の日曜日は「交流会」を開催、見学大歓迎。 

明日は、冒頭紹介しました「北海道阿波おどり振興協会」の3連の交流会です。
身内向けの軽い懇親会のようなものではありますが、 みんなで一緒に踊ったり、踊りをステージで披露しあったりします。

 飲食をご提供することはできませんが、踊りに参加したり、見学したりというのは大歓迎。 

「札幌の阿波おどりってどんな感じなの?」

 と、興味のある方は、こっそり見学にお出で下さい。大歓迎です。
 もちろん参加費等を頂くことはありません。

★場所:拓北あいの里地区センター多目的ホール
   JR学園都市線あいの里教育大駅のすぐ隣りです。
   (北海道札幌市北区あいの里1条6丁目1−1)

★時間:13:30~16:00


0 件のコメント:

コメントを投稿