2015年2月14日土曜日

メンバーを増やしたい!と悩む今日この頃。まずは思い書いてみます。

管理人の あわごろー です。

阿波おどりは、お祭り、夏の風物詩。

じゃあ、今の時期は???

そう。氷河期です。
練習に参加するメンバーも少ない時期です。
そして、ここ近年も、メンバーの増員に至っておりません。

今の五郎連、ある程度安定的に活動できているメンバーと、
仕事やプライベートの都合があって、断続的に活動するメンバーとに分かれます。

前者がOKで、後者がNG、という話ではありません。
仕事やプライベートで活動ができないときもあるのは然るべきこと。

が、やはり、もう少し安定的に活動できるメンバーが欲しいのです。
特に、「鳴り物」に。

あわごろーの個人的な思いとしては、

やはり、「踊り」は、「音楽」あっての「踊り」なのです。

阿波おどりに魅かれたのは、
お祭りという雰囲気のなかで、お囃子が耳から入り、艶やかな衣装、動き、が目に映り、声が響き渡り、グルーヴ感というのでしょうか、そういう一体的なもののなかで「おどり」に魅かれました。

お祭りのその瞬間に居なくても、不思議なことに「お囃子」を聴けば、人はお祭りを想像できます。

だから、少なくとも、「踊り手」の人数が薄くなっても、「音楽」、阿波おどりでは「鳴り物」は、
しっかりと揃えたたい。

必要最小限、「阿波おどり」を表現できる、踊り手を、踊らせる、周囲をノリノリにさせる、
「鳴り物」が必要不可欠なんです。

鳴っていればいい、じゃダメなんです。

今日は、そんな風に思っているところを書いてみました。

どうやって、連員を増やそうか。

いろいろ、悩んだ末、まずは、思いを発信することにしました。

次回も、いろいろと書いてみます。

それでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿